東北大学病院形成外科DEPARTMENT OF PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY TOHOKU UNIVERSITY HOSPITAL

あらゆる外科手術の要となる再建手術手技。
形にこだわり、形を作りあげる創造性あふれる外科、それが形成外科です。

医療関係者の方へ

医療関係者の方へ

学生・研修医の方へ

学生・研修医の方へ

UNIVERSITY HEADLINE ヘッドライン VIEW ALL

「日本形成外科学会誌」に林昌伸の論文が掲載されました

【日本形成外科学会誌】 vol 42
「手関節完全切断に対し早期運動療法と母指対立再建術を施行した
1例」
林 昌伸  p407-415, 2022

「救急医学」に 伊師 森葉 の論文が掲載されました

【 救急医学 】 第46巻第6号(2022年6月号)
特集 外傷再建
   いま,何ができるのか,どこまでできるのか

慢性期への介入
「 知覚再建、運動再建 」
伊師森葉、鳥谷部荘八  p720-725

医局説明会のお知らせ

【東北大学 形成外科 医局説明会】を行います。
初期研修医、後期研修医、医学生など多く方のご参加をお待ちしております。

[日  時]:2022年7月29日(金)19時~ <Zoomにて開催>
[参加申込]:下記e-mailアドレスまでご連絡ください。
koreyuki.kurosawa.a1【at】tohoku.ac.jp(医局長:黒沢 是之)
*【at】を@に置き換えてください。

詳しくはこちら

雑誌「形成外科」vol.65増刊号を佐藤顕光、今井啓道が分担執筆しています

【形成外科】Vol.65(2022)増刊号
[今日から診療に役立つビジュアルでダイレクトに解説する体表・軟部組織の検査&臨床画像] Ⅱ画像検査各論:
「3.顎裂の画像診断」pS47-S54

CONFERENCE 学会情報

DIARY ダイアリー VIEW ALL

同門からのお知らせ 

VIEW ALL

NEWS & INFORMATION 更新履歴VIEW ALL

第10回 東北大学病院 市民公開講座
もっと知ってほしい 皮膚ケアと排泄ケア
家庭でできるキズの手当(治りが早く、痛みの少ない処置)

動画をご覧いただけます。

家庭でできるキズの手当(治りが早く、痛みの少ない処置)

専門医取得には、初期研修後に形成外科後期研修4年間が必要です。
若い医師にもやる気さえあれば充分なチャンスがあります。東北地方の形成外科の星になる人材を募集します。