教室紹介

当科診療の特色Specialty

頭蓋顎顔面外科

頭蓋顎顔面外科

  先天体表異常のなかで最も頻度が高いのは口唇裂・口蓋裂です。
  これらは顔面に大きな醜形を生じるため、機能的にもまた整容的にも早期により正常に近い形への修復が必要ですし、成人するまでの長期間の継続的な治療が重要です。
  東北大学では新生児期より歯科(歯学部)、耳鼻咽喉科、小児科などとのチーム医療によって口唇裂・口蓋裂以外にも小顎症、小耳症、頭蓋骨形態異常などのさまざまな先天異常に対し頭蓋顎顔面外科の専門外来を設けて診療を行っています。
  また外傷や腫瘍切除後の頭蓋顎顔面の変形に対しても同様に対応しています。

リンク: 東北大学病院唇 顎口蓋裂センター

再建外科・マイクロサージャリー

再建外科・マイクロサージャリー

  外傷や腫瘍切除などによって生じた組織の欠損や機能障害を手術によってできるだけ元に戻すのが再建外科です。
  欠損した組織範囲によっては皮下脂肪や筋肉あるいは骨を含めた組織の移植が必要となり、現時点では自分の他の部分の組織を移植するのが最も有効な方法です(他人からの皮膚・皮下脂肪・筋肉・骨などの移植はまだ非常に困難な状態です)。
  こういった組織の移植手術では顕微鏡を用いた血管吻合の技術(マイクロサージャリー)が欠かせません。
  当科では頭頚部や顔面においては脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科など、四肢においては整形外科や皮膚科など、胸部や腹部などでは外科や心臓血管外科などと連携し、このマイクロサージャリーの技術を積極的に用いた再建外科治療を行っています。

褥瘡の治療

褥瘡の治療

  褥瘡(じょくそう)とはなんらかの原因によって体が動かせなくなったとき、体の重みによって圧迫を受けた部位の皮膚や皮下組織が壊死を生じたものです(俗にいうとこずれ)。
  寝たきり状態になってしまった人の背部や仙骨部(臀部の間)などによくみられたものでしたが、長時間の手術や人工呼吸器装着中の絶対安静期間中にも発生します。
  こういった褥瘡のほとんどは全身状態が改善して体が動かせるようになれば治癒していきますが、場合によっては形成外科での手術が必要になることがあります。 当科では平成15年10月にオープンした当院のWOCセンターと連携し、すべての入院あるいは外来患者さまの褥瘡治療を行っています。

瘢痕・ケロイド

  ケガや手術、やけどによって生じたきずあとは、傷の深さや大きさ、部位、感染の有無などによってその外見、症状は異なってきます。
  傷は塞がっても赤く盛り上がり、かゆみやつっぱり感を伴うものを肥厚性瘢痕と呼び、さらに傷の範囲を超えて盛り上がり、激しいかゆみ、痛みを伴うものをケロイドと呼びます。
  当科ではこのような肥厚性瘢痕やケロイドに対して外用剤(ステロイド剤、ケミカルピーリングなど)や内服薬による保存的治療、場合によっては手術、放射線治療などを行っています。
  また、肥厚性瘢痕やケロイドを生じないよう予防的治療や、よりきずあとがきれいになるように治療も行っています。