教室紹介

当科の歴史History

教室の歩み

  当教室は昭和38年(1963年)、東北大学整形外科内に形成外科診療班(班長:岩内省三助手、班員:藤田晉也助手ほか1名)が設置されたのがその始まりである。3年後藤田助手が班長となり、週1回午後の手の外科と形成外科患者の診療日に東北労災病院整形外科の岡 一郎も参加するようになったが、形成外科診療班に専従しているのは藤田助手1人であった。昭和43年(1968年)飯野三郎整形外科教授の「長町分院整形外科の病床を形成外科専用に」との取り計らいにより、藤田講師が長町分院整形外科科長に任ぜられた。藤田講師は青森県出身で昭和31年東北大学医学部を卒業し飯野教授の主宰する整形外科に入局、手の外科と形成外科に専念してきた。9床の専用病床を獲得して形成外科の診療と研究を開始し、東北大学形成外科が実質的に発足した。当時の長町分院整形外科の態勢は科長の他に常勤助手1名(本院から交代の非常勤)であった。このような状態は昭和46年に岡、清水が分院整形外科の常勤になるまで続いた。当時、東北地方で手の外科と形成外科を専門とする施設が少なく、東北地方全域から患者が長町分院に受診する状況であった。昭和55年4月の長町分院の本院への統合時には教室員は10名となった。
  本院での形成外科診療科長は若松英吉整形外科教授の併任であった。昭和57年藤田講師は助教授に昇任した。この後は教室在籍者数の平均は8~9名で、年間外来患者数約1000名、年間手術件数約400件の診療と研究を行ってきた。昭和59年10月に「診療科開設10周年記念会」を開催した。藤田助教授は主に手の機能再建、顔面・手・足の体表先天異常の臨床的ならびに疫学的研究を精力的に進めた。体表先天異常の疫学的研究として、昭和48年より宮城県内の体表先天異常の発掘調査を開始し、2003年まで続けられた。藤田助教授は臨床面の研究でも手の機能再建と体表先天異常に関する多くの業績があるが、その中でも母指多指症の臨床的研究に力を入れた。
  平成6年3月、藤田助教授は定年退官した。昭和61年より櫻井 實整形外科教授、平成7年より国分正一整形外科教授が科長併任であった。
  平成7年1月、東京大学形成外科助教授山田 敦が助教授として来任した。山田助教授は長崎市出身、昭和45年長崎大学医学部卒業で、長年にわたって東京大学形成外科波利井清紀教授のもとでマイクロサージャリーを中心とする機能再建、頭頚部再建に関して多くの業績をあげてきた。
  大学院重点化に伴い、平成11年9月山田 敦助教授が障害科学専攻機能回復外科学講座機能回復外科学分野教授に昇任し、形成外科科長となり名実ともに形成外科学教室が独立した。大学院生入学も始まり、基礎的研究も積極的に行っている。大学院再編に伴い平成17年より医学系研究科外科病態学講座形成外科学分野と名称変更した。

教室開設年月日

診療班開設1963年(昭和38年)
標榜科開設1980年(昭和55年)4月
大学院講座開設1999年(平成11年)9月

設置場所

東北大学病院

現在の教室員数

40名(内大学在籍16名)

同門者数

71名

歴代科長とその在任期間

  • 藤田 晋也助教授1982年-1994年3月31日
    藤田 晋也助教授
    1982年-1994年3月31日
  • 山田 敦教授1995年1月1日-2006年9月31日
    山田 敦教授
    1995年1月1日-2006年9月31日

教室の現況

  臨床面では、伝統的な手の外科の他、複数診療科の協力による唇裂・口蓋裂のチームアプローチ、頭蓋顎顔面外科、耳鼻科や整形外科などとの共同による機能再建外科、マイクロサージャリーによる陳旧性顔面神経麻痺、乳房再建、難治性潰瘍の治療などを中心として広く形成外科一般の研究治療を行っている。
  研究面では、唇裂・口蓋裂の顎発育、創傷治癒、皮膚軟部組織のストレス反応などを中心とした基礎的研究を行っている。

これまでの主催学会

第2回日本形成外科学会基学術集会(1993年10月9~10日)
第11回日本形成外科学会基礎学術集会(2002年10月3~4日)
第32回日本マイクロサージャリー学会学術集会
第44回日本創傷治療学会(2014年12月2~3日)
第17回日本褥瘡学会学術集会(2015年8月28~29日)